grassbird(グラスバード) Official WebSite

pianorock band grassbird(グラスバード) Official WebSite

繋がり、響く夜 と ベースギターという楽器のあれこれ

Posted on by grassbird

しとしと雨と今日の余韻

繋がり、響く夜に会いに来てくれてありがとう

いつもの繋がりが響かせた音楽。

新しい繋がりが響かせた音楽。

明日からも、繋がりが響かせる音楽。

いつか、今夜の音が響いた先で繋がれる。

やっぱりいいイベントタイトルだよね。

僕の言葉が上手ければもっとよかったのにね。

今日のライブも楽しかった!

皆はどうだった?

きっと次はもっと楽しいよー

次のライブ。
個人的に古巣、神戸での久しぶりのライブで楽しみです。
共演者の方々も豪華キャストだし。

多少遠くても来る価値は充分過ぎる程

待ってるね。

と言うことで、ここまでが今日のBlog

昨夜は寝てしまった一昨日のBlogでしたのでボリュームたっぷりの二本立てで
昨夜のお話!!

改めましてこんばんは、3ピースピアノロックバンドgrassbirdのベース弾く人髙橋です。

ベースとは大きめのギターです。
低い音が出ます。
ギターのようですが、実はドラムと同じリズム楽器のポジションです。
リズム楽器でありながらメロディも奏でることのできる凄い楽器です。

そんなベースのメンテナンスのお話。

楽器弾きにとって一番大切にしたい物

それは楽器です

当たり前

ですので自分でメンテナンスや調整、管理からご機嫌取りまでしなければなりません。
不思議なもので楽器は弾いてあげないと拗ねます。
メンテナンス怠ると不機嫌になります。
上手に弾いてあげないと本来の音で鳴ってくれません。

と言うことで、ベースの弦の変え方及びメンテナンス講座(髙橋の場合)です。

まず

photo:01

今まで頑張ってくれた弦にお別れです。
馴染んでくれていたので名残惜しい。
が、そこは消耗品。

photo:02

全部の弦を緩めてあげます

photo:03

ペグと呼ばれる巻つけているところから優しく外してあげます

photo:04

ここで切る人もいますが僕は抜きます
お正月に芸能神社に使用済みの弦を奉納しますので。

photo:05

裸。

photo:06

オレンジオイルと布です。
綺麗にしてあげます。

photo:07

photo:08

細かいところまで綺麗に

photo:09

ここはデリケートなあれなので接点洗浄剤を使ってあげます

photo:10

全身で振動しているのでネジが緩んでいたら締め直し

といったところで写真の貼り付け制限の為
面白くもないのに後編に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*