grassbird(グラスバード) Official WebSite

pianorock band grassbird(グラスバード) Official WebSite

ドーナツには穴がある

Posted on by grassbird

台風一過

涼しい風と車の音

空には綺麗な濃い黒に忙しない千切れた雲

それと

photo:01

 

星が見えなくなる程に光る金色の月

いい夜だと思う

呑まずにはいられない

昨日のライブの事を書こうかな

「Nico jack vol.3」というイベントに出演してきましたよ
その名の通りニコニコ動画の歌ってみた踊ってみた弾いてみたを集めに集め出演者壮絶60組という壮絶なイベントでした。

台風ど真ん中だと言うことで前回、前々回より人は少ないとのことでしたが
それでも会場のROCKTOWNは控え室含め人だらけでした

僕らgrassbirdのステージでも会場の一体感が凄くて音楽って凄いなってまた実感した大切な時間を貰いました。

皆、本当にありがとう。

さて、今回はNico jackと言うことでボカロのカバー曲を演奏しました
曲名は「ドーナツホール」
カバーなんてステージでやるの久しぶりだったのでしばらく聞き込んでたわけですが

ふと思ったんです

ドーナツには穴がある、ない物があるって変な感じだなって。

だってそこには何もない

ドーナツの外側の空間と同じように、そこにはただドーナツの輪に区切られた空間があるだけ

けれど穴のないドーナツを例えば絵で描いたとするならドーナツと判断できるのかと言えば微妙なところ

じゃあ穴がドーナツを定義するのかと言うと
食べかけたドーナツは外の空間と区切られて見えていた空間は繋がったようになっていても、やっぱりドーナツはドーナツで
と言うより元々外も中も繋がった空間なんだからそうなんだけど

でもそれは結局ドーナツの形を記憶しているから

つまり、無いものを記憶しているって事
それはそれで凄く不思議な感覚になる

ところで、元々記憶自体が既に現在無い事を言うものだから
元々無い物が無くなっても現在は無くなったものとして記憶しているっていう意味のわからまいこと極まりない
それもまた失われた欠落部分で…

と言うことで。

ドーナツの中央にある空間は思い出でできてます!!

といったことを考えてました。

が、切りがなさそうなので力技で終わらせて
もっと別の有意義な事考えようと今さっき思いました。

あ、ドーナツ食べたいな。←

皆は今日、どんなこと考えた?
そのどれもがいつか幸せに繋がる何かだといいなと思う

じゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*